中古車売却査定見積もり

車を売るときに必要な書類

査定が終わり、いざ買取の契約をするといったときに前もって準備をしておかなければならないことがあります。査定価格は1日1日経つにつれて下がっていきます。査定後に必要な書類を準備するのではなく、査定前に準備できていればすぐに車買取業者の店舗へ行くことができます。また、書類が足りないということで、後日再度足を運ばなくても良くなりますし、日にちが経って損をすることも防ぐことができます。
さて、必要な書類を紹介していきたいと思います。
@ 自動車車検証(車の所有者の名前と住所が間違ってないかを確認してください。紛失した場合は運輸支局へ再交付してもらうよう手続きしてください。)
A 印鑑登録証明書(印鑑登録書は発行から1ヶ月以内で2通準備してください。)
B 実印(車の名義変更、譲渡証明書を作成する際に必要となります。印鑑証明書と忘れずにしましょう。)
C 自賠責保険証明書
D 自動車納税証明書
E 売却代金振込口座番号(通帳や口座番号などを書いたメモでも大丈夫です。)
F リサイクル券・預託(支払い済みの場合は必要となります。)
移転や結婚により姓が変わった方は、次の書類が必要です。
・ 住所変更が1度の方で、自動車車検証と印鑑証明書の住所が違うという方は、住民票が必要です。
・ 複数回住所変更した方は、戸籍の附票もしくは住民票の附票が必要です。
・ 結婚などにより姓が変更になった方は、戸籍謄本が必要です。
そして、売却をする自動車が軽自動車の場合
@ 自動車車検証(車の所有者の名前と住所が間違ってないかを確認してください。紛失した場合は運輸支局へ再交付してもらうよう手続きしてください。)
A 実印もしくは認印でも可(認印車の名義変更、譲渡証明書を作成する際に必要となります。)
B 自賠責保険証明書
C 軽自動車納税証明書
D 売却代金振込口座番号(通帳や口座番号などを書いたメモでも大丈夫です。)
E リサイクル券・預託(支払い済みの場合は必要となります。)

解らない時は担当の方に相談する事をオススメします。
くれぐれも書類の不備には気を付けて下さい。

今月のおすすめ中古車査定はカーセンサー


中古車査定比較ランキング

カーセンサーの中古車査定【無料一括見積もりはコチラ】

リクルートが1984年に創刊された日本の中古車情報誌であり、日本の中古車情報誌に厚みのある平綴じと販売店に関わり無く統一されたフォーマットを持ち込んだ中古車情報誌です。その中古車情報誌のカーセンサーnetも登場し、わかりやすくて簡単な中古車検索機能、見やすくて理解 しやすい中古車相場。いろいろな機能であなたの中古車検索で万全のサポートしてます。

 

>>詳しくはコチラ
中古車査定

 

運営 登録業者数 最大依頼件数 評価
リクルート 319社 10社 中古車査定

カービューの中古車査定【無料一括見積もりはコチラ】

カービュー

カービューはもともとマイクロソフトのビルゲイツとソフトバンクの孫正義の発案によって生まれ、業界最大手に成長した現在最も信頼のおける一括査定サイトです。

他社を圧倒する提携者数と利用者実績で中古車買取一括査定ランキングで常にトップの座に君臨しています

 

>>詳しくはコチラ
中古車査定

 

運営 登録業者数 最大依頼件数 評価
ソフトバンク 500社以上 8社以上 中古車査定

中古車の買取査定がネットで32秒!かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

最大10社の見積もり比較で概算最高額がたった32秒しか掛らず査定します。必要事項はメーカー、車種、年式、走行距離だけの3分で終わる簡単入力です。 愛車の下取りよりも高額買取で50万以上得したユーザーさんが数多くいます。インターネットで24時間いつでも申込めて、出張無料査定も可能です。

>>詳しくはコチラ
中古車査定

運営 登録業者数 最大依頼件数 評価
(株)エイチーム 53社 10社 中古車査定

ガリバーの中古車査定【無料一括見積もりはコチラ】

ガリバーは日本最大級の中古車取扱い会社で、販売実績、買い取り実績ともに業界No.1です。
ガリバーは全国に400店舗があり、7割が直営店です。ネットだけでなくあなたの住んでいるお住まいにもお近くに店舗があることでサポートが受けやすい利点があるため年配の方々にも安心してご利用いただけます

>>詳しくはコチラ
中古車査定

運営 店舗数 年間扱い買取台数 評価
ガリバー 400店舗 20万点 中古車査定

中古車査定【無料一括見積もりはコチラ】メニュー

中古車査定の車買取一覧

中古車査定の都道府県別買取

中古車査定【無料一括見積もりはコチラ】相互リンク